Soul | World Music | Latin


ウブレー・べ・アフリカ/Ubuhle be Afrika
(South Africa)

彼らはアフリカの彩り豊かな言語、リズム&ドラムビートそしてダンスとして、南アフリカの伝統文化の推進を目指す。メーンパフォーマンスは伝統的なダンス、マリンバ・バンド、ドラム・ワークショップ、パーカッション&詩歌など。普段、地域のフェステイバル、会社の主催するイベント、プライベート・イベント、演劇などで出演する。
また、4回ヨーロッパに招待されツアーしましたことで、これからは、日本そしてアジアで南アフリカの文化を紹介する。


アリシア・サルデーニャ/Alicia Saldenha
(Trinidad & Tobago/Osaka)

トリニダード・トバゴ共和国生まれ。ファンクとソウル、カリプソ、ソカ、レゲエなど母国の文化、クラッシック音楽やオペラが好きなシンガーは、自分の音楽にて一つのジャンルに押し入れることはできない。デビュー・ソロ・アルバム「Dance with the Sun」2012年6月にリリースした。




ラ・ノータ/La Nota
(Peru/Venezuela/Osaka)

南米出身3人(ヴォーカル、DJ)と日本人1人(ダンサー)のラテングループ。多文化を背景にレゲエトン、レゲエ、メレンゲ、サルサなどの楽しい音楽を関西や各地域のクラブとフェステイバルで演奏する。


They aim to promote & celebrate the unique culture of South Africa through music, colourful languages, rhythms & beats and dances. They do traditional dance, marimba band, drumming workshops, songs with percussion & poetry and more. They regularly take part in local festivals, corporate events and private functions as well as stage productions.
Ubuhle be Afrika has been invited to tour Europe four times and is now looking to bring their music and talent to Japan and other parts of Asia.

Alicia’s unique brand of funky soul island sugar can best be described by imagining the vocal sweetness of Roberta Flack, Minnie Riperton and Linda Lewis, mixed with the raw funk and stage energy of Chaka Khan and Rufas. Her cultural heritage of calypso, soca and reggae, a love of classical music and opera, a career in drama and musical theatre while barely a teenager, her discovery of jazz and soul in Europe, fluency in several languages, have all lead to a transnational career and a vocal style that is her own.
Her debut solo album, "Dance with the Sun," was released in June, 2012.

A group of 3 South American Natives and a Japanese dancer that does salsa, merengue, reggae and reggaeton to audiences not only in the Kansai area, but other regions of Japan as well.