Jazz & Swing

Harvey Thompson (US/Tokyo)

Jazz Vocalist and Detroit native, Harvey Thompson spent years of appearances in talent shows and local jazz joints and performances at Japanese concert halls and swank Turkish night spots, the Japan-based and world-traveling Thompson can rightfully be called a versatile master of jazz vocals. With his silky smooth voice, comfortable stage presence, and wide repertoire reflecting influences ranging from Johnny Hartman to Nat King Cole, Harvey Thompson can be considered ” the keeper of the flame ” of male jazz vocals./ Tokyo American Club.

Harvey Thompson は少年時代にゴスペルを歌う事をきっかけに音楽の世界に入った。デトロイトNBC 主催” スーパーシンガー” に出演し勝利している。また あるジャズシーンではエミー賞にもノミネートされた。
デトロイト・ジャズ・フェスティバルでは レイチャールズのバンドの リード・トランペッターであった マーカス・ベルグレイブ また カーティス・フィラー や ルイ・ヘインズ などと メインのステージを踏み脚光を浴びた。そして、野球チームのデトロイト・タイガースの開幕戦にて 50000人の前で アメリカ国歌を歌って来た という実力の持ち主である。


Charlie Nieshio (Hyogo)

Charlie Nieshio found his groove in Tokyo with the new found popularity of jazz, rockabilly, poodle skirts and swing dance in Yoyogi Park in the 80’ & 90’s. He has travelled to England, France, Australia, Korea and Singapore doing workshops and concerts.
As a top star of Japanese Swing scene, Charlie performed in the Hawaii Lindy Exchange 2003 and has been teaching teaches swingdance since 2000.

1930年代よりのジャズとスウィングには、歌にかける思いは、誰にも負けない。川西市出身のチャーリー西尾は80年代から90年代にかけて東京を中心に一世を風靡したロカビリーの再ブームの申し子。また、音楽の範囲を超え、チャーリーは自らのスウィングダンスの技術を磨くことへも興味を持つようになり、イギリス、フランス、オーストラリア、シンガポールとダンスワークショップへの旅を重ねた。